恋のなやみに効くメディア

男にとって「忘れられない女」のタイプはこれ!記憶に残る女性の特徴

大船くじらK.Ofuna

目次

隠す

1:どうせなら「一生忘れられない女」になってやる!

昔付き合っていた彼氏や、いい雰囲気になった男性に「自分を逃したことを後悔させたい」と考えることもありますよね。そこまで強い気持ちではなくても、相手に忘れ去られるよりは、男性の心に自分の存在が刻まれたほうが嬉しいのではないでしょうか。

偶然ばったり再会したときに、「あー、こんな人もいたな」と素っ気ない態度を取られるより、「忘れたことはなかった」なんて、ちょっと緊張した顔でいわれたほうが、気分もいいのではないでしょうか。

男性というのは「別フォルダ保存」といわれるように、心に深く刻まれた女性を忘れることはありません。それは、男性の人生になくてならない存在になるほどの影響を与えたということ。どのような形でも、誰かの記憶に残るくらいの関係を築きたいと思う人は多いのではないでしょうか。

2:付き合ってないほど記憶に残る?!男が忘れられない女性の特徴5つ

(1)初恋の人

初めて好きになった女性を、忘れてしまう男性はほとんどいないでしょう。たとえ勇気が出なくて思いを伝えられなかったような相手であっても、初恋の人を忘れることはないのです。

「初めて」というのは、何事も強烈な記憶として胸に残ります。そして、初めて恋に落ちた女性を思い出すたびに、甘酸っぱい気持ちになるものです。

(2)片想いが長かった女性

片想いというのは、好きな気持ちが一方通行。自分の好きな気持ちが報われないので、想いがどんどんと積み重なっていきます。片想いをしている期間が長ければ長いほど、好きな気持ちや、つらい気持ちなどさまざまな感情が蓄積して、忘れられない思い出になるのです。

実った片想いより、想い届かなかった恋の相手ほど、男性の中では「忘れられない女」になりがちです。

(3)両想いだったのに結ばれなかった

お互い好きなのはわかっているのに、結局恋人になることはなかった……。そんな関係もありますよね。お互いに一歩踏み出せなかったり、どちらかに別の恋人がいたり……。これも男性がいつまでも忘れられないパターンのひとつ。「あのとき勇気を出していれば」「もし付き合っていたら別の人生になっていたかも」など、後悔のような気持ちを抱きます。

(4)みんなのマドンナ的な女性

クラスのマドンナ的存在や、サークルの高嶺の花。そんなふうに、みんなから人気者だった女性も、男性はいつまでも忘れずに覚えています。恋愛感情をもっていたならもちろんですが、単に憧れているだけだった場合でも記憶に深く刻まれているもの。「幸せになっているかな」「当時はいけなかったけど、今ならアプローチできるかも」などと考えたりします。

(5)初体験の女性

初めての経験をした女性も、男性にとっての忘れられない存在になります。初エッチの相手を思い出す傾向は、女性より男性のほうが高いようです。これも、恋愛を上書き保存して、過去を引きずらない女性と、すべてを別フォルダに保存して残しておく男性との違いからでしょう。

その他にもファーストキス、初デートなど、初めての経験を一緒にした相手を忘れられない男性は多いものです。

3:既婚男性でも思い出す…忘れられない“昔の女”の特徴5つ 

(1)つらい時期に支えてくれた

夢の実現に向かって貧乏な下積み生活をしていた、仕事に行き詰っていた、大きな悩みを抱えていたなど、人生のつらい時期に自分を支えてくれた彼女も、男性にとっては忘れられない女性となります。

「あのとき支えてくれたから今の自分がある」というような感謝の気持ちや、「苦労ばかりかけて幸せにしてあげられなかった」と感傷的な思いをもつのです。

(2)すごく好きなのに突然ふられた

本人的には別れの兆候などまったく感じていなかったのに、突然別れを告げられた場合も、その女性を忘れられなくなりがち。特に、納得できる理由の説明もないような状態だと、ふっきるのに時間がかかる男性は多いでしょう。

別れたあとに、関係が完全に途切れて音信不通になってしまうと、ふとしたときに「あれはなんだったんだろう」などと思い出してしまうのです。

(3)心も体も相性がバッチリ

個人差はありますが、男性は過去に付き合った女性の思い出を、完全に消去して忘れることはほぼないでしょう。中でも、性格やエッチの相性がバッチリだった女性は、記憶のファイルからたびたびもち出して、思い返す男性も多いもの。

結婚して、今のパートナーを愛していても、「エッチはアイツのほうがよかった」などと思い返す男性もいるのです。

(4)別れたあとにキレイになった

何らかの事情から別れたあとに、彼女がキレイになった姿を見ると、男性の心に深く刻まれます。「自分と別れたあと何があったんだろう」「別れなきゃよかった」などさまざまな感情が渦巻くでしょう。

ふられた後にキレイになるのもショックですが、自分からふって別れた後にキレイになられてしまうと、何とも割り切れない複雑な気持ちになるものです。

(5)思想などに大きな影響を受けた

交際していると、自分の人生観や恋愛観などを大きく変えてくれる女性に出会うことがあります。それは、女性の考え方や行動に対して感銘を受ける場合もあれば、交際している中で困難を乗り越えて、お互いが成長していく場合もあるでしょう。

自分の考え方などに影響を与えた人を忘れることはできません。結果的に破局を迎えたとしても、心のどこかにはいつも存在しているのです。

【関連記事】

元カノを忘れられない男性は多い?「忘れられない男たち」の心理と本音

4:男性が忘れられない女に会いたくなる瞬間3つ

(1)現状がうまくいっていないとき

仕事が順調にいかない、恋人とケンカばかり、彼女がほしいけど出会いに恵まれないなど、現状がうまくいっていないとき、心の中にいる「忘れられない女」を思い出すもの。

「あの子は自分を支えてくれた」「いろいろあったけど、懐かしいな」など過去の思い出にすがりたくなるのです。実際に連絡してしまう人はあまりいないかもしれませんが、現状のつらさや不満から「会いたいな」と思う男性は多いでしょう。

(2)思い出の場所や香りに触れたとき

初めてデートした場所、よく行ったレストランなど思い出の場所に来ると昔の彼女を思い出すのはよくあること。香水やせっけんなど彼女が愛用していた香りが記憶を刺激する場合もあります。直接、体につけていた香りではなくても、一緒に歩いた公園でかいだ花の香りなど、思い出の匂いで過去に引き戻されることもあるでしょう。

当時、よく聴いていた音楽が記憶を刺激することもあります。付き合っていたときにリンクするものに触れると、懐かしさも手伝って、「会いたいな」と思うものです。

(3)SNSでその女性を見つけたとき

最近では、音信不通になっていても、SNSで昔の知り合いとつながってしまうことがありますよね。意図的に消息を絶っていない限り、その気になれば昔の知り合いを見つけるのは、それほど難しいものではないのかもしれません。

たまたまSNSの「知り合いかも」に昔の女性が現れることもあります。そんなとき、懐かしさもあいまってSNSをチェックしてしまう男性も多いでしょう。近況を見て、「久しぶりに会いたいな」という感情がわき上がることも珍しくありません。

【関連記事】

男女が語る「忘れられない人」の特徴9選!忘れられない恋の乗り越え方

5:「忘れられない女」と思われるような関係を築こう

男性は基本的に過去の女性を忘れにくいもの。その中でも「いい女」として記憶に強く残っている女性は、ふとしたときに会いたくなる「忘れられない女」になります。別れる前提っぽく聞こえてしまうかもしれませんが、付き合っている最中も、ぜひ、そんな女性を目指してみてください。そうすれば、むしろ長続きする恋になるかもしれません。