恋のなやみに効くメディア

お願いだからLINEして!キショい男からの「迷惑な電話」の共通点

並木まきM.Namiki

1:付き合ってないのに深夜にかけてくる

深夜に電話が鳴ると、ドキッとしますよね。

最近では、ほとんどの会話をLINEで済ませている人も多いだけに、夜中の電話は「誰かに何かあったのかも!?」と、焦る女子もいるでしょう。

ところが。急いでスマホに駆け寄ってみると、キショい男からの着信……。

大事な人からの緊急連絡ではなかったことにホッとすると同時に「彼氏でもないのに、なんでこんな時間にかけてくるの……」と、軽い怒りが芽生えます。

しかも、キショい男の深夜の電話って、“出るまで鳴り響く”んです。しつこい……ッ!

 

2:しかも酔っ払っているわけではない

なんどもなんどもコールする電話がうるさすぎて、とりあえず電話に出てみることにした女子。

「もしかしたら、酔っていて収まりがつかないのかもだし」、「キショい男だけど、こんなに何度もコールしてくるってことは、何かあったのかもだし」と、優しい女子ほど、電話を受けがちでもあります。

ところが。出てみると酔っているわけではなさそうなキショい男。

しかも、内容も緊急じゃなさそうな気配……ッ!

たいした用事もないのに、しつこく電話してくるのって、キショい男に共通する暴挙なんです。

さらに時間帯が深夜となれば、キショさも倍増……。 

3:会話はほとんどが自己完結の決めつけ系

女子が電話に出た瞬間、「おっ、出た出た。どうせ寝てなかったでしょ?」と、嬉々とした声で、キショい男特有の決めつけ系の会話を繰り広げます。

「でも、明日も忙しいんでしょ? いつも“忙しい”って言ってるもんな」、「今はどうせ、深夜テレビ見てたっしょ?」などと、一方的でキモい会話を展開してきます。

「忙しいって言ってるのは、あんたがイヤだからよッ!」という、女子たちの叫びが聞こえてきそうです。

特別な用事がないのに電話を鳴らしまくって、挙げ句の果てに中身のない会話を一方的に展開するなんて、キショい男の電話は本当にキモいですね。

 

女子的には「お願いだからLINEして!」と言いたい内容でも、わざわざ電話してくるあたりがキショい男の特徴です。

キショい男が暮らす世界では、一方的な電話がモテるとでも思っているのでしょうか。

みなさんは、深夜にキショ電を着信したら、出ないほうがいいかもです。