恋のなやみに効くメディア

綺麗な体になりたいッ!時短で簡単にできる「綺麗な体の作り方」講座

並木まきM.Namiki

目次

隠す

1:綺麗な体になりたい!女性の綺麗な体型ってどんな体型?

「綺麗な体になりたいっ!」と、願っている女性のみなさん。

綺麗な体型とはどんな体型なのか、どんな女性が「綺麗な体」だと思われるのか。

芸能人でいうと誰みたいな体なのか、体重はどれくらいか……などなど知りたいことがたくさんあるのではないでしょうか?

(1)目指せ!綺麗な体!芸能人で言うと?

芸能人の多くは、“見られることが仕事”ということもあって、緊張感のある綺麗な体をキープしていますよね。

スキニーすぎず、ほどよくお肉がついている中村アンさんやローラさんあたりのボディは、男性からだけでなく女性から絶大な支持を受けています。

(2)綺麗な体型を目指す!理想体重のポイントは?

綺麗な体を目指すなら、体重よりも体型がカギに。

とは言っても、体重があまりにも少なすぎたり多すぎたりしてしまうと「綺麗な体!」とは思ってもらいにくい実情もあります。

身長にもよりますが、おおむね45kg~58kgくらいの間をキープできていれば、シルエット次第で「綺麗な体!」の称号は得られるはず!

 

2:綺麗な体づくりのポイントは?綺麗な体づくりをする筋トレ7つ

(1)腹筋

綺麗な体づくりでやっぱり外せないのが「腹筋トレーニング」。

最近では、直接的なエクササイズをしなくとも「貼るだけ」で腹筋を鍛えてくれるアイテムが豊富になってきているので「運動は嫌いです」な女性は、エクササイズグッズを活用するのもアリです。

寝る前の時間を腹筋タイムに充ててみて。

(2)背筋

背中にムチムチとお肉がついていると、後ろ姿が残念なことになります。

なので、綺麗な体づくりには背筋のトレーニングも不可欠に。

背中にある“肩甲骨”を中央に寄せる動作を繰り返すだけでも、背筋へのアプローチになります。

オフィスの休憩時間や自宅でくつろいでいるときに、腕を後ろに回しながら両側の肩甲骨を寄せる習慣を作ってみてください。

(3)膝をつけた腕立て伏せ

膝を床につけた状態で腕立て伏せを行うと、通常の腕立て伏せよりも強度を落としつつも、しなやかなボディメイクを目指せる運動に。

通常の腕立て伏せより強度が落ちる分、鍛えられるパーツもやや異なりますが、下半身が安定するので、上半身の引き締めトレーニングに集中できる方法です。

(4)ヒップリフト運動

綺麗な体づくりに欠かせない要素のひとつに、ヒップアップが挙げられます。

普段の生活ではなかなか使わないお尻の筋肉にアプローチするために、ちょっとした運動を取り入れてみて。

仰向けになりながら足を肩幅に開いて膝だけ立て、内腿を内側に寄せながらゆっくり上下すると、ヒップに効果的な運動に。お尻を上げきったら5秒ほどキープして。

お尻を下ろすときにもゆったりとした動きで下ろしましょう。

1日3~5セット繰り返すだけでも、ヒップアップのトレーニングになります。

(6)スクワット

下半身に効果的なアプローチをしてくれる“スクワット運動”も、綺麗な体を目指すなら効果的なエクササイズ。

膝とつま先の向きを同じ方向に整えながら、ゆっくりと上げ下げを。10分ほど繰り返すと、驚くほど汗が出ます。

強度がそこそこあるエクササイズなのに、道具が不要なので、家で手軽にできるのも便利です。

(7)ストレッチ

綺麗な体をつくるのに欠かせないのが、しなやかな筋肉。

引き締める運動の仕上げにストレッチを入れると、普段伸ばさない筋肉を緩める働きが期待できるので、女性らしいシルエットのボディづくりには欠かせない動きです。

 

3:綺麗な体は食事でつくる!ポイント5つ

さて、運動で綺麗な体を目指しても、内側からの意識が欠けてしまうと、思うように綺麗な体を手に入れられなくなることも!

ホンモノの“綺麗な体”は、内側と外側の両輪によるお手入れによってつくられていきます。

そこで、綺麗な体をつくるための食事のポイントを5つお話します。

(1)栄養バランスが大事!

栄養のバランスが崩れてしまうと、肌荒れが起きやすいだけでなく、体の不調も招きやすくなります。

しなやかで美しい筋肉をつくるためには、バランスの良い食事が不可欠。

たんぱく質やビタミン群、鉄やカルシウムなど“摂るべき成分”を意識しながら、食べるものを選んでみて!

(2)忙しくてもちゃんと食べる!

仕事にプライベートにと忙しくしていると「朝食は抜いちゃおうかな」「ランチはいいや」などと食事を抜いてしまうことはありませんか?

「食べなければ痩せる」とは言うものの、食事を抜いて痩せていくのは“美しくない痩せ方”に。

ゲッソリした雰囲気にもなりやすいので、適度に食べて適度に運動する生活が、美しい体づくりには不可欠な要素です。

(3)サプリメントで食生活を補う

不規則な食生活で栄養バランスが崩れてしまう人や、なかなか栄養バランスが整った食事をつくる時間がないという人はサプリメントで不足している栄養を補うのも方法です。

また、美しい筋肉づくりを心がけたい方は、定番の「プロテイン」を食生活に加えてみるのも筋トレの効果を上げてくれる方法です。

(4)水を飲んで代謝を上げる

「むくみそうだから、なるべく水を飲まないようにしている」という人も稀にいらっしゃいますが、体内の巡り改善には水が必要。

女性の理想的な体内水分率は約45~60%と言われているので、新鮮な水をたくさん飲んで体の循環を上げることも、綺麗な体づくりには欠かせません。

代謝がよくなると老廃物が流れやすくなることから、美肌メリットも期待できますよね!

(5)過剰なダイエットを避ける

綺麗な体になりたいからと言って、ムリなダイエットに取り組むのは厳禁。

一時的には理想のボディが手に入るかもしれませんが、長期的に考えるとムリなダイエットは体をボロボロに痛めつける行為です。

 

4:男性が思う「女の綺麗な体」3つ

では、男性たちは実際のところ、どんなボディの女性が好きなのでしょうか!?

(1)ある程度の肉付き

「ガリガリは美しくないよね。

ある程度の肉付きがないと、女らしいとは思えません。

たまにガイコツみたいにガリガリな女性を見かけますが、あれは最悪。せっかく女性に生まれたのに、もったいないですよ」(33歳/会社員)

(2) スーッと伸びた四肢

「四肢がスッキリしていると、綺麗だなぁって思います。長さじゃなくて、雰囲気。

手も足も、程よく筋肉がついていて締まっていると、惚れ惚れしちゃう」(38歳/専門職)

(3)やっぱり、ボンキュッボン!でしょ

「やっぱり、ボンキュッボン!じゃないですかね~。

でも、日本人なのに欧米人みたいなボンキュッボンは不自然ですね。

締めるところは締まっているのに、バストとかヒップとかはプルプルなボディは“綺麗だな~”って思います」(41歳/経営)

 

5:女性が思う「女の綺麗な体」3つ

では、女性たちが同性に対して思う綺麗な体って……?

男性からの意見とはまた違う視点から「あの人の体、綺麗!」と、思うようなのです。

(1)細くてスタイルが良い

「細くて、足が長くて、身長が高くて……なモデル体型の女性を見ると“綺麗だなぁ”って羨ましくなります。

努力と生まれつきのものと両方が備わっていないとムリでしょうけど、憧れます。

私は低身長な上に寸胴なので、どうも幼児体型から抜け出せなくて……(笑)」(33歳/アパレル)

(2)体重に関係なく全体的に引き締まっている

「綺麗な体をつくるのに、体重はあまり関係ないんじゃないかなって思います。

それよりも、全体の印象が引き締まっているかそうでないかによって、見た目のイメージってすごく変わるんじゃないでしょうか。

いわゆる“ぽちゃ”な体型でも、しっかり引き締まっているとカッコいいし憧れる」(36歳/事務)

(3)ボディの肌もツヤツヤ

「私が同性を見て“綺麗な体だな”って思う基準は、肌です。

顔のケアはしっかりしていても、ボディがガサガサだと残念な感じ。

全身ツルスベな女性は、同性から見ても惚れ惚れします!」(29歳/インストラクター)

 

6:彼女の「綺麗な体に惚れました!」男性の体験談3つ

では、体が綺麗だと、やっぱり男性からもモテると思いますか?

綺麗な体と汚い体の2択だったら、前者を選ぶ男性が多そうではありますが……!

実際には、どんな風に体に惚れ込むのでしょうか。

「綺麗な体に惚れました!」なエピソードをもつ男性たちに、話を聞きました。

(1) 体のラインが綺麗で惚れ直しました!

「付き合うまでは知らなかったんですけど、俺の彼女って体のラインがすごい綺麗なんですよ。

普段は洋服で隠れていて見えませんが、それこそ“脱いだらすごいんです”ですよ。

特別に痩せているわけではないけれど、ウエストのくびれとかヒップとかが本当に綺麗で。

付き合ってから惚れ直しましたね」(38歳/出版)

(2)海とかプールとかで鼻高々です

「綺麗な体つきの彼女がいると、やっぱり鼻高々ですよ。

夏は海とかプールに行って、周りに見せびらかしたくなります。

最近は、ちょっとダボっとしたファッションをしている女子が多いけど、水着になったら体のラインは丸見えですからね。

自分の彼女がほかの女子より綺麗な体をしていると、本当に嬉しい」(28歳/サービス業)

(3)ずぶ濡れの体がすごく綺麗で……

「学生の頃の話なんですけど、みんなでバーベキューしてたときに、ある女子が川に落ちちゃったんです。

全身ずぶ濡れになって陸に上がってきたんですけど、そのときにTシャツが体に張り付いていた姿がすごく綺麗で……。

実はそのとき、その女子に惚れました。

結局、告白はできなかったけど、今でもそのときの場面を思い出すとハッとします」(33歳/メーカー)

 

「綺麗な体になりたい」と思っている女性のみなさん。

エクササイズやインナービューティのパワーで、男性たちを虜にするボディづくりを目指していきましょう。