恋のなやみに効くメディア

道具は必要ナシ!気持ちいい「ひとりエッチ」ができる4アレンジ

賭弓郁穂I.Kakeyumi

1:鏡の前でする

恥じらいはセックスの最高のスパイスとなります。

それは、ひとりエッチの時でも同様です。

鏡の前で脚を開いて座る……それだけで大切なところがまる見えになり、とっても恥ずかしいですよね。

この恥じらいや背徳感が、よりひとりエッチを充実したものにしてくれるのです。

また、感じている自分の姿を見るだけでも、体のほてりが高まっていくので、是非試してみてください。

 

2:妄想を掻き立てる

女性は男性よりも想像力が豊かです。

この特性をひとりエッチでも存分に活かしましょう。

エロ小説や漫画の主人公になりきるのも、ちょっと危険なシチュエーションを想像するのも、妄想なら自由自在!

当然、自分好みのことを想像できるわけですから、興奮度も倍増し、より気持ち良くなれますよ!

 

3:グラビアポーズでしてみる

男女問わず、セックスシンボルの一つといえば、やはりグラビアですよね。

彼の前ではできないような恥ずかしいグラビアポーズも、ひとりエッチなら問題なし!

特にオススメなのは、背筋を伸ばした状態で両膝をついて脚を開くという、騎乗位に近いポーズです。

普段は騎乗位ができない女性も、このポーズをしながらひとりエッチすることで、彼との実践まで持ち込めるかもしれないですね。

 

4:シャワータイムにする

ひとりエッチがしたくても場所に困るという方は、シャワータイムにするもアリです。むしろ興奮度が増しますよ!

いつもと違う場所で、立ちながらも座りながらもできて、なんならシャワーを使って……などと、お風呂場が一気にいかがわしい場所へ早変わり。

寝室や下着を汚さずに済みますし、ひとりエッチした後にすぐに体を洗ってキレイにすることもできるという、わりとメリットが多いのもオススメできるポイントです!

“ひとりエッチ”には興味があるけれど、なかなかトライできないという方も多いでしょう。

しかし、心配無用です。

世の中には“ひとりエッチ”を楽しんでいる女性がわんさかいるので、心おきなく自分の気持ち良さを追求してみてくださいね。