恋のなやみに効くメディア

「告白は絶対にするな!」好きと言っちゃダメな理由と惚れさせる方法

月島もんもんM.Tsukishima

告白してはいけない理由とは!?

ーナナミさん、好きなら好きと正直に言えばいいと思うのですが、ダメですか?

ナナミ「ダメです。好きではない人から好きと言われると、困ってしまうでしょう。自分が好きになった人を困らせてはいけません。

恋愛のお作法として、好きになったほうが、そのエネルギーで、相手を惚れさせる。そうすると、“必ず好き同士”の告白シーンになるでしょう?」

ーなるほど! 好きになったほうが、相手を惚れさせる努力をするべきだということですね。しかし、それにはどうしたらいいのでしょうか?

ナナミ「好きだと告白してはいけないのですが、直接言わなければ大丈夫。相手に自分の好きが伝わる行動をするのが、基本です。

これから3つの方法をご紹介しましょう」 

1:いろいろしてあげる

ナナミ「1つ目の方法として、好きな相手に“いろいろしてあげる”というテクニックがあります。なにかにつれ手伝ってあげたり、手を貸してあげたり。

過保護なママのように、勝手にいろいろなことをしてあげるといいでしょう」

ー過保護なママって、子どもに嫌がられませんか?

ナナミ「ママに甘えるのは子どもとして恥ずかしいので、“やめろよ!”とか言いますが、基本的に人間、特に男性は甘えることが大好き。世話好きの女性がいたら、“いい奥さんになりそうだな”と思いますよ」

ーそんなもんですかね?

ナナミ「言葉ではなく、行動で愛情を感じるタイプの男子も多いです。もし相手がそういったタイプだったら、さらに効果はてきめんでしょうね」 

2:モノをあげる

ナナミ「いろいろとモノをあげまくる……というのも、ひとつの有効な手段ですよ」

ーいろいろと都合のいい女になっちゃいやしませんか?

ナナミ「高額なものをあげなければ大丈夫。自分の財布が痛むようなものはやめましょう。それに、ほとんどの男子は、高額のモノをもらうことが苦手ですよ」

ーでは、どんなものをあげたらいいでしょうか?

ナナミ「お菓子やアイス。コーヒーなど、飲み物の差し入れも効きますね。あと男子は、子どもっぽいフィギュアなども好きです。お菓子のおまけについてくるようなヤツですね。簡単でしょう?」

ーそれで効きますかね?

ナナミ「言葉ではなく、モノに愛情を感じるタイプの男子も多いものです。そういったタイプには、すごく効果がありますよ」 

3:褒めてあげる

ナナミ「とはいえ、男子のなかにも行動より、モノよりも言葉に愛情を感じるタイプがいます」

ーどうしたらいいでしょうか?

ナナミ「好き、と言ってはいけないのに、代わりに何を伝えるか。一番いいのが、褒めてあげることです」

ーやはり、褒めると効きますか?

ナナミ「褒められるとやはりうれしいものですよ。とはいえ、ウソはいけません。背の小さい男性に、“ほんと、背が高いよねー。かっこいい!”なんて言ったらバカにしているように聞こえてしまいますね」

ーそりゃそうですよ。

ナナミ「難しく考えなくても、“すごい!”という言葉の代わりに“かっこいい!”と使うとか、自然にできる方法もありますね。相手が喜ぶような褒め言葉をかけてあげましょう」 

好きになった相手を惚れさせる方法をご紹介いたしました。好きになったからこそ、告白しないで、相手を惚れさせる……それが恋愛のお作法。なかなか深い話でしたね。ぜひ、実践してみてください。

  

【取材協力】

※ ナナミ・ブルボンヌ・・・元No.1キャバ嬢のライター。スポーツ新聞などでライターをつとめる傍ら、ネットショップでレディースウェアやコスメも取り扱っている。現在も勉強のためキャバクラに勤務中。