恋のなやみに効くメディア

まさに修羅場!フラれた男が「ストーカーになりやすい断り方」3つ

文平サチオS.Fumihira

©gettyimages

目次

隠す

1:「友達でいよう」

男友達から告白されてフった際など、その後の人間関係を考えて、「友達のままでいてね」などと、男性に言っていませんか?

確かに、自分のことを好いてくれている男性を傷つけたくない気持ちは理解できます。しかし、“友達のまま”という中途半端な関係を残してしまうと、男性は自分の立ち位置を上手く整理できなくなり、混乱してストーカーになってしまうのです。

「友達でいよう」を、“そのうち恋人に昇格できるかも”と勘違いした男性は、「友達なんだからいいじゃないか!」と、あなたが自分を友達扱いしてくれたことを盾にしてぐいぐい迫ってきます。

 

2:「また今度誘って」

人間関係を壊さないよう、告白をされたデートの最後にお世辞で「また誘ってね」と言ってその場を後にする女性もいるかもしれません。しかし、この「また誘って」という言葉を“脈アリ”だと判断した男性は、あなたを諦めるどころか、粘着してくるようになります。

あなたから「また誘って」という言質を得た男性は、遠慮なくどんどんあなたを誘ってきます。そして、あなたがそのお誘いを断り続けている間に、関係がこじれてしまい、彼がストーカーに豹変してしまうという寸法です。

 

3:「今はそういう風に見れないの」

これも男性をフる際には使ってはいけない言葉です。この“今は”という部分をポジティブに解釈した男性は、「じゃぁ、もうちょっと頑張ればイケるかも」と勘違いし、むしろフラれる前より熱烈にあなたへアプローチをかけてくるかもしれません。

やはり、男性を傷つけたくないからといって、微妙な言葉で濁したり、含みを持たせるような言い方をしたりは避けるべきです。彼をストーカーにしてしまったら、最後は警察です。あなたのことを好いてくれる男性を犯罪者にはしたくありませんよね。

 

男性からの好意は嬉しいですが、彼のためにも脈ナシのときは、はっきりとそう告げましょう。きっぱりと伝えた方が、お互いのためになると覚えておいてくださいね。