恋のなやみに効くメディア

勃つべきときに勃たない…そんな彼氏にトドメを刺すNG行動3つ

MENJOY編集部MENJOY

 

目次

隠す

1:エッチしようとしたのに彼の元気がない…

エッチをしようとしても、彼の下半身の調子がイマイチでできない……ということはよくあること。でも、女性だってせっかく火が付いただんし、ムラムラすることだってありますから、彼のせいでエッチができないとなると不満に思うこともあるでしょう。

しかし、彼が原因でエッチができないときにとった行動で、もっと深刻な事態に発展してしまう可能性もあるんです。

2:タチの悪い彼にトドメを刺すNG行動3つ

(1)責める

彼とベッドの上でイチャイチャして、“いざ挿入”というタイミングで彼が勃たなくなるということもあるでしょう。しかし、そんなときに「何で?」と彼を責めるのはやめましょう。理由なんて、本人にもわからないのですから。

それに「飲みすぎかな」「ちょっと仕事で疲れていて……」など、どんな理由が出てきたからと言って、「じゃあ仕方ないね」とはなりません。「コンディションつくっておいてよ」とか「じゃあエッチに誘わないでよ」となってしまうのがオチ。

むしろ、「うまくできないと怒られる」という刷り込みが、次回以降の彼の調子にも影響かもしれませんよ。

(2)「今日は大丈夫だよね?」とプレッシャーをかける

確実にエッチしたいからといって、「今日は大丈夫だよね?」などと問いかけるのはやめましょう。もしかすると、気遣いのつもりなのかもしれませんが、それは相手からしたら強烈なプレッシャー。

AV撮影のときに男優さんが勃たなくて……という話がありますが、そんなプロの性豪だって、勃たないときはあります。前もって予測できないことだからこそ、前もって聞かれることで、強くプレッシャーを感じて、結果、元気がない……そうなってしまう可能性だってあるんです。

(3)友達に相談する

何度も失敗して、「うちの彼、EDかも……」と思ったとき、つい友人に「私の彼、EDなんだけど……」と相談を持ちかけたくなることもあるでしょう。でもこれは、避けたほうがいいでしょう。

男にとって、「勃つべきときに勃たない」というのはとても不名誉なことであり、人間の尊厳に関わります。愛しい彼女とふたりで共有して、乗り越えていければいいですが、「友達に相談したら、○○したほうがいいって言ってたよ」なんて言われてしまっては、ダメ男の烙印を押されたも同然。ますます自信をなくしてしまうこともあるでしょう。

3:まとめ

男性にとって、勃つべきときに勃たないと、ショックを受けますし、非常に不名誉なことです。

自分自身も「今日あまりエッチする気分じゃないなぁ」「あんまり塗れないなぁ」というときだってあるでしょう。それと同じこと。男性だからいつでも簡単にスイッチオン!とはいかないことも、理解してあげましょうね。