恋のなやみに効くメディア

ついに本気!チャラ男に「俺…変わるよ」と言わせる女のセリフ3つ

小川沙耶S.Ogawa

みなさんも好きになったのがチャラ男で、かっこいいけど付き合ってからもチャラチャラしてたらイヤだなー……なんて悩んだことはありませんか?

まぁ、たいてい、チャラ男のチャラいところが素敵なわけであって、チャラくなくなったチャラ男は魅力が半減なのですが。

それでも、チャラっとした男が、自分のためにキリッと変わっちゃったところを見たいというのが女心というもの。

そこで今回は、チャラ男に「俺……変わるよ」と言わせてしまう女のセリフを、恋愛コラムニストのナナミ・ブルボンヌさんにお聞きしました。

 

目次

隠す

■1:「明日のGDP改定値、ゼロ%に上方修正されるらしいよ?」

「金融的な難しいトピックをふるというテクニックです。恐らくチャラ男は、“はぃ? なんですかソレ?”という反応を示すでしょう。

“よくわからないけど、この間、ドル買いで300万円儲けたって友達が言ってたよ”。なんていえば、“い!? 300万? なにソレ?”とチャラ男の興味をひいてしまうこと請け合い。

“そんなに儲かるの? 俺もやりたい”

“でも、ちゃんと勉強しないとできないんじゃないかなー?”

“俺……変わるよ”

この流れですね」

 

■2:「ミランダ・カーの彼氏って、25歳なんだってー」

「男女ともに絶大な人気を誇るミランダ・カー(32歳)。

セクシーの代名詞ともいえる彼女の彼氏エヴァン・シュピーゲルはなんと若干25歳、アプリ『Snapchat』の共同設立者でCEO。

“マジで!? 超イケメンなの?”

“というより、大富豪らしいよ。アプリつくったんだって”

“マジかよ! 俺もアプリつくろうかな!”

“でも、女と遊んでばかりじゃつくれないんじゃないかなー”

“俺……変わるよ”

この流れですね」

 

■3:「いいかげんにしなよ! そういうの格好悪いよ!」

「チャラ男がチャラ男なのは、チャラチャラしていることをカッコイイと思っているから。

真面目な女性ほど、自分にはない明るいチャラつき具合に、“なんかいいな”とちょっと思ってしまうもの。

しかし、本当はいつまでもチャラチャラしている男がカッコイイわけありません。それをビシッと言ってあげてこそ、本当の仲間。カレがいつものようにチャラっとしていたら、しっかりと目を見て、積極的に説教してみましょう。

“いいかげんにしなよ! そういうの格好悪いよ!”

“な、なんだよー。いいじゃーん。こえー!”

“●●くん、そういう軽い口調や考え方って、かっこよくもないし、強くもない。ちゃんとできないから逃げているだけにしか見えないよ。

本当にカッコイイ男って、そういうのじゃないよ”

“なんだよ……。そうかな?”

“そうだよ。キャラが変わるのって格好悪いと思うかもしれないけど、いつまでもそうやって目を背けている姿のほうが何十倍も格好悪いよ!”

“俺……変わるよ”

この流れですね」

 

いかがでしたか。みなさんもチャラっとしている男性がいたら、ぜひ試してみてくださいね。

 【取材協力】

※ ナナミ・ブルボンヌ・・・元No.1キャバ嬢のライター。スポーツ新聞などでライターをつとめる傍ら、ネットショップでレディースウェアやコスメも取り扱っている。著書『キャバ嬢とヤれる極意』も絶賛発売中。現在も勉強のためキャバクラに勤務中。